1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広島県大雨災害 被災地支援ボランティアへ行ってきました

広島県大雨災害 被災地支援ボランティアへ行ってきました

  • 2014年9月22日
  • トピックス

 前回のブログでお伝えしました広島県の大雨被災地ボランティアへ、いずみ野福祉会の職員11名、岸和田市社会福祉協議会のボランティアの方々も含め総勢21名で行ってきました。9月20日(土)に岸和田を出発、前泊して9月21日(日)に復旧作業へ参加しました。

 現地は山の斜面の一部が森林ごと流されて土肌が見えている状態で、改めて被害のすさまじさを目の当たりにしました。広島市災害ボランティアセンター本部八木サテライトに到着後、スタッフの方から説明を受け、作業現場へ向かいました。

 今回、作業をした現場は山の中腹にある墓地です。土石流によって墓石は根こそぎ流され、お骨も土の中に埋もれていました。

 ちょうどお彼岸を迎え、多くのご家族がお墓参りに来られていましたが、手付かずの現場ではお家の墓石の在処もわからない状態でしたので、そのご家族の意向に合わせて墓石や骨壷を掘り出しました。流れてきた岩石や倒木を運び出し、シャベルで土を掘って探します。無事に墓石や骨壷をお返しすることができたご家族の方々には、とても喜んでいただけました。

 被災地は依然として復旧への活動が必要な状況です。1日の作業でできたことには限りがありますが、たくさんの力が必要な支援の一端を担いたいと参加者皆で取り組んできました。

※掲載写真は、災害ボランティアセンターの確認をとっております

P9200004.JPGP9210020.JPGP9210033.JPGP9210045.JPGP9210054.JPGP9210061.JPGP9210062.JPGP9210091.JPG